Subscribe to ブログ作成と生活情報 Subscribe to ブログ作成と生活情報's comments

睡眠時間を減らして早起きはできるか?


よく「8時間睡眠」という言葉にまどわされて、「8時間も寝てないから睡眠不足」「8時間は寝ていて睡眠不足じゃないのに、朝起きるのがつらい。どこかおかしいのでは?」と悩む人がいますね。

でも、日中、頭が冴えた状態で過ごすために必要な睡眠時間は、人によってさまざまなんです。一般には7時間前後ですが、6時間以下で十分といういわゆる「ショートスリーパー」もいれば、10時間以上眠らないとカラダがもたない「ロングスリーパー」もいるようです。

例えば、3時間睡眠で有名なナポレオンはショートスリーパーだし、ロングスリーパーとしては1日10時間眠っていたアインシュタインが知られていますね。

短時間睡眠で済むか、長時間睡眠が必要なのかは、生来の睡眠の質が左右するようです。

(参考ホームページ:早起きのコツhttp://beautyful-health.com/archives/331)

ショートスリーパーの眠りにノンレム睡眠の割合が多いのに対し、ロングスリーパーの眠りは浅いノンレム睡眠やレム睡眠、中途覚醒の割合が多いとのことです。

つまり、ショートスリーパーが短い睡眠時間で効率良く睡眠をとっているとすれば、ロングスリーパーはある程度の長さの睡眠時間がなければ満足すべき睡眠を得られないということになります。

どちらがいいというわけではなく、ショートスリーパーになるかロングスリーパーになるかは、生まれもった体質次第と、いまのところは考えられているようです。

そして、ここが重要なポイントなのですが、「その人にとって必要な睡眠時間を短縮することはできない」ということなのです。