Subscribe to ブログ作成と生活情報 Subscribe to ブログ作成と生活情報's comments

口臭の原因で不可解なのは歯周病だけでなく胃からの発生もある


口臭の原因で不可解なのは、歯周病だけでなく、口臭 胃からの発生もあるというものです。

口臭のある人の唾液には、歯周病によって歯ぐきから出た血液や膿、また、口の中の汚れから由来したタンパク質がたくさん含まれているのです。

黄白色でにごった色の唾液からは、口臭 原因のにおいが強く出る可能性があります。

口臭の発生には唾液のみではなく、唾液に混じっている汚れが大きく関係している事がわかります。

唾液がヌルヌルしたり、ネバネバしたりしているのは、ムチン(mucin)が含まれているからです。ムチンは、糖タンパク質で、mucus(粘液)という意味のラテン語に由来しています。

体臭の一つの原因である口臭は、非常に厄介なものですよね。会話中や混雑した乗り物の中で他人の口臭が気になることがあります。

人は誰でも口のにおいがあって当たり前ですが、他人に不快を与えるほどのにおいは口臭と呼ばれるのです。

口臭の原因は、食べかすが溜まった虫歯、歯垢、舌苔のバクテリアによって、しばしば発生します。義歯などにも歯垢がつきやすいので、手入れが肝心ですね。

さらに歯槽膿漏や歯周病になると、悪臭を放つことが多いものです。そのほか、糖尿病、肝臓、胃腸の病気や気管支炎、鼻や咽頭などの病気もくさい口臭の原因になります。

もちろん、病的な口臭だけではなく、ニンニク、ニラ、ネギ、たくあん、納豆などにおいの強い食べ物を食べた後には口臭がひどくなることがあるのは当然です。

参考ページ:口臭の原因とは何か

また、アルコールやタバコも臭います。この場合は、単に口の中に残っていてにおうだけでなく、体内に取り込まれた臭い成分が胃で消化され、血液を介して全身に循環し、肺を経由して吐き出されるものです。

したがって、口の中をきれいにしていても臭うことがあるので、注意が必要です。